住宅ローン審査が通らない理由

住宅ローンの審査に申し込んだのに、審査に通らなかったという人がいます。せっかく夢のマイホームが手に入ると思ったのに、失望してしまったという人もいると思います。しかし、そもそも住宅ローンの審査が通らないのには、何か理由があるのでしょうか?

 

住宅ローンの仕組みとは?

住宅ローンの仕組みを把握することは、住宅ローンの審査に通過するために大事なことです。
住宅ローンとは、金融機関が家の購入者の代わりにお金を支払うということです。ただし借りたお金については、少しずつ返済していきます。利子を足して何度かに分けて返却をします。この利子で、金融機関は利益を得ています。

 

返済能力を証明

金融機関にとって何が一番大事かというと、借りたお金がきちんと返済されることです。そのため、借り手の勤務する企業の規模・安定度・将来性・個人の年収・資産などを審査する際には、十分に調査します。返済能力があるかないかはとても大事なポイントになるのです。このことを考えると公務員や大企業に勤務する人は有利といえます。個人商店やフリーランス、アルバイトは、逆に不利といえるでしょう。

 

健康状態

返済をきちんと続けていくためには、健康で仕事を行うことが大事です。もちろん住宅ローンを組んだ後ではどうしようもできないのですが、借り入れを行う前に健康であることは大きなポイントです。さらに年齢も借り入れを申し込むときには、20歳から70歳以下でなければ、審査に通ることは難しいことでしょう。返済の終了年齢は80歳までに終えられるようなものが望ましいです。

 

クレジットカードの履歴

クレジットカードなどの履歴は信用情報として残ります。クレジットカードを利用したい際には、借り入れは完済しておくことが大事です。さらに支払いに遅れがないことなども関係してきます。この信用情報には、自己破綻の経歴なども関係します。経歴がクリアでなければならないのです。

 

審査に通りやすい銀行は地元系銀行

一般にですが、都市銀行よりは地方銀行、地方銀行よりは地元の信用金庫の方が審査が通りやすい傾向があるといわれています。借り入れを行うのであれば、地元系の銀行に申し込みを行いましょう。さらに年収に関しても300万円は、最低なければ審査に通過することはできないでしょう。

 

以上のことを確認して、自分は審査に通過できる状況にあるかどうかを見直して見ましょう。