住宅ローン金利の種類はいくつあるの

MENU

住宅ローン金利の種類はいくつあるの

住宅ローンの新規申し込みや乗換えを考えている人にとって、住宅ローンのタイプについて検討するのはとても有意義なことと言えるでしょう。住宅ローンの種類に関しては大きく分けて3つあります。それぞれについて考えて見ましょう。

 

固定金利型

借り入れを開始したときから完済時まで金利がすっと一緒、つまり固定していることをさします。時代の変化とともに金利はアップダウンするものなのですが、そのような影響を一切受けることなく、ずっと金利が安定しています。住宅ローンの支払い計画が、立てやすい傾向にあります。

 

固定金利選択型

最初の数年間の金利は固定されていて、それを数年ごとに金利を見直していくと言う形です。見直しまでの期間は、自分で決めることができます。一般的に2年から15年ほどです。固定型と変動型の中間のような存在と言えます。

 

変動金利型

このタイプは金利が変動するに伴って、金利が変わってくるものです。一般的には半年に1度金利が変わってきます。リスクが大きい分、金利は低めに設定されています。金利のアップダウンをもろに影響を受けるタイプですので、先を見通す力が必要となります。不安定な形の金利となります。

 

住宅ローンのタイプをどのように選ぶか?

住宅ローンを組む場合には、上記に上げた3つの種類があります。このような選択肢があると、どれを選んでいいのかがわからないと言う場合もあります。そこで大事なのは、将来に対する設計となります。もしもこれからの将来に対してお金が必要になりそうと考えられるのであれば、将来の見通しがつきやすい固定型を選ぶことができるでしょう。少しでも金利を安くと言う冒険をしたい人は変動型、どちらもわからないと言う人は固定選択型と、ライフ設計によって自分に合う住宅ローンは変わってきます。

 

FPや銀行の係りの人に相談を

住宅ローンを組むと言うのは、非常に大きな選択です。人生にいて大事な判断になります。そこで自分たちだけで決定をするのではなく、できるならばファイナンシャルプランナーや銀行の担当の人と詳しく相談することをお勧めします。FPでなくても銀行の人は、それなりの知識と今のトレンドを理解しています。ただ気をつけたいのが、銀行の人は自社の商品利益を出すことが仕事と言うことを覚えておきたいものです。自分でもネットなどで十分リサーチしたり、実際にローンを組んでいる人に尋ねるなど調査をしっかりしましょう。