団体信用保険の特徴

MENU

団体信用保険の特徴

住宅ローン審査を検討中の人や、住宅ローンの乗り換えに興味のある人は、団体信用保険という言葉を聴いたことがあるかもしれません。団体信用保険とはどんなものなのでしょうか?調べてみましょう。

 

団体信用保険とは?

住宅ローンを貸す金融機関を、保険契約者つまり保険金受取人とする保険ことです。住宅ローンを借りる人が、被保険者となります。団体信用保険とは、簡単に言うと生命保険のことで、もしも住宅ローンを返済しているときに、被保険者であるローンを組んだ名義の人に何かあった場合(死亡や重度の後遺症が残り返済が無理な場合など)に、ローンの残りの金額が保険会社から金融機関に返却されるという仕組みになっています。ローンを組んでいた人の家族が、家を失わなくてもいいようにする保険のことです。

 

団体信用保険の特徴

保険料が割安なので、加入しやすいといえます。さらに保険料が年齢や性別によって変わらないので、ある程度の年齢になって家を買うことにした人でもとても利用しやすいのです。この保険制度はないを基準に価格を決めるかというと、融資残高です。つまり残高が減るに従って、その分保険の掛け金も安くなるということです。

 

団体信用保険の契約

団体信用保険の最大のメリットともいえるのが、被保険者を個人として扱うのではなく団体扱いにしていることです。ほとんどのことでそうですが、団体契約であるならばその分1つ1つの契約料は割安になります。これと同じように複数の人が加入する団体を、1つの契約とすることで、1人1人の保険料を安くすることができるのです。

 

団体信用契約のメリット

やはり最大のメリットともいえるのが、お得な保険料にあるといえます。しかも残高に応じた保険料ですので、支払いを済ませるほど安くなっていきます。また、加入条件などによって、保険料が変わることもないというのがメリットでしょう。

 

団体信用のデメリット

一般的にメリットがあればデメリットもあるものです。団体信用はローン契約時に加入しなければ、返済を始めてからは新規で加入することはできません。さらに、この保険は掛け金が安い分、掛け捨てタイプなので貯金につながるということはありません。また、病気を過去にしている人は注意したいのが、団対信用保険加入を融資条件としている金融機関です。健康状態を原因として融資を断られることがあります。住宅ローン自体を借りられない状況になってしまいます。