つなぎ融資とは

MENU

つなぎ融資とは

つなぎ融資という形の住宅ローンが、一時に必要となることがあります。しかし、つなぎ融資という言葉に対して、あまり精通している人は多くはないといえるでしょう。住宅ローンを考えている人は、必要であってもなくてもその内容に知っておきたいことです。詳しく調べて見ましょう

 

つなぎ融資とは?

住宅ローンが実行されるまでの間に、別のローンを一時的に借り入れることをさしています。本当に借りいれを予定している住宅ローンとの間を取り持つもの、つまりつなぎなので、つなぎ融資といわれています。

 

どうしてつなぎ融資が必要か?

住宅ローンは、住宅に抵当権を設定することが多いです。そのために工事が請負契約となっているのであれば、住宅が完成するまでに融資が実行されないことになってしまいます。住宅が完全に完成してからの、支払いであればいいのですが建築会社によっては。工事の進み具合により契約金という形で、少しづつ支払いをしなければならないことがあります。頭金として用意できるものがあればいいのですが、そうではない場合に住宅ローンに入る前の別のローンを利用せざるを得ないという事態が生じることがあります。この前払いとも呼べる支払いに対して、使われるローンをつなぎ融資といいます。

 

つなぎ融資の利用の流れ

つなぎ融資で建築会社に求められていた額を借り入れし、支払います。その後に住宅が完成したらその住宅を担保に住宅ローンで融資を受けます。実行された融資で、つなぎ融資への返済を行います。

 

つなぎ融資をすることで生じるお金

つなぎ融資の利息、つなぎ融資申込みの印紙代、印鑑証明代、住民票代、融資手数料、振り込み手数料などがかかってきます。つなぎ融資の利子は、思っているよりも高い場合があります。それなりの準備をしておきましょう。そもそも、つなぎ融資は抵当権の設定などん担保として利用できるものがないので、その分利子も高くなっています。

 

つなぎ融資を利用する人

建築会社の支払い方法の都合上、早めに支払いを済ませなければならないという人が利用することでしょう。つなぎ融資は、家の購入代金のすべてではなく、その一部を支払うように求められるときのためのものでもあります。そのような場合、お金を借りれる親族などがいたら、少しの間だけ親族に借り入れを行うほうが、よりお得になるでしょう。どうしてもというときにだけ、利用するようにしたいものです。