質権設定付きの火災保険とは

MENU

質権設定付きの火災保険とは

質権設定付きの火災保険があるということをご存知ですか?家を所有している人ならば、言葉は知っているという人が多くいることでしょう。しかし実際にはそれがどんなことを意味するのか?ということについては、詳しくはわからないという人がいると思います。住宅を購入している人も、住宅を購入するつもりでいる人も、家のもしもの場合に備えた保険についてもう一度確認しておきましょう。

 

質権設定付き火災保険とは?

住宅ローンなど家を購入する際に借入れたお金の担保として、金融機関側に預けておくことです。もしもの火災などの事故があった際には、火災保険の保険金を請求することができるのです。この保険により、お金を貸し出した金融機関が損をしないようになります。貸し付けたお金は返ってくるのです。

 

質権設定とは?

質権設定という言葉はなかなか聴きなれていない言葉でしょう。質権設定とは、借入金などの担保に質入れすることを意味します。火災保険の場合の質権設定とは、住宅ローン用火災保険を住宅ローンの担保として、借入先の金融機関に預けるということです。

 

質権設定には手続きが必要

質権設定には手続きをする必要があります。質権設定承諾書と呼ばれるものに、借り入れをする人・建物の持ち主が署名捺印を行います。それを保険会社に保険証券とともに提出し、手続きが完了します。手続き完了後に保険会社から証券と質権設定承諾書が、借入先の金融会社渡されます。金融会社はそれを担保として受け取り、証券を完済時まで保管します。

 

実際に火災が生じてしまった場合;パターン1

そもそも火災保険に質権設定が行われた状態で、火災が生じてしまうと保険金は金融機関に受け取る権利が生じるのです。しかし金融機関は状況に応じて、対応を変えて生きます。まずは借り入れしたローンを順調に支払い続けているときについて考えます。 家を建て直した後も返済をするという可能性が高いとみなされます。その結果として、金融機関は保険金を家の持ち主に支払ってくれ、その保険金で家の修理再建を家の持ち主は行うことができるように取り計らうこともあります。

 

実際に火災が生じてしまった場合;パターン2

ローン返済が滞っている場合は、どうなるのでしょうか?金融機関が保険金で返済をするほうが確実と判断した場合は、保険金はローンの返済に充てられます。判断は金融機関が行いますので、今までの返済状況がポイントになります。